松山恵子


松山恵子

松山恵子(まつやま けいこ、本名:岡崎恒好(おかざき つねこ)、1937年4月10日 - 2006年5月7日)は、日本の演歌歌手。庶民派で知られ、「お恵チャン」の愛称で幅広いファンに親しまれた。裾の幅が広いフリフリのドレスにハンカチがトレードマーク。愛媛県宇和島市出身。所属レコード会社は東芝EMI 東芝レコード。
中学2年生で出場したコロムビアミュージックエンタテインメント 日本コロムビア全国歌謡コンクールで10位入賞を果たし、独特の歌唱力が関係者の注目を集めた。1954年、日本マーキュリーレコード全国歌謡コンクールで優勝。1955年、「マドロス娘」でデビュー。1956年、「十九の浮草」が大ヒットし、一気にスターダムにのし上がった。「未練の波止場」「だから云ったじゃないの」「お別れ公衆電話」「泣いたって駄目さ」「東京なんて何さ」「思い出なんて消えっちゃえ」「アンコ悲しや」「別れの入場券」「逢わなきゃよかったんだわ」など数多くのヒット曲を飛ばし、NHK紅白歌合戦にも1957年から通算8回出場(うち7回連続出場)した。

WIKIPEDIAより抜粋)


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2