都はるみ


都はるみ

都はるみ(みやこ-、昭和23年(1948年)2月22日 - )は、日本の女性演歌歌手。本名・北村春美(きたむら はるみ)。京都府生まれ。洛陽総合高校卒業。レコード会社コロムビアミュージックエンタテインメント所属。
1964年、『困るのことヨ』で、デビュー。同年『アンコ椿は恋の花』が大ヒットする。
うなり声のような力強いこぶし回しや、声を震わせるような繊細な歌唱法が独特で、幅広い表現力を持つ。昭和40年代〜50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、日本を代表する演歌歌手の一人となった。1976年に日本レコード大賞を受賞。
1984年、人気絶頂で「普通のおばさんになりたい」と引退宣言(キャンディーズ引退時の有名な言葉を引用した)。その年の紅白歌合戦を最後に引退した。ちなみにこの台詞は都はるみ本人が言った訳ではなく、リポーターが都はるみとのインタビューで言った台詞である。

WIKIPEDIAより抜粋)


43