五木ひろし


五木ひろし

五木 ひろし(いつき ひろし、本名:松山 数夫(まつやま かずお)、1948年3月14日- ) は、日本の演歌歌手である。福井県三方郡美浜町 (福井県) 美浜町出身。明治大学付属中野中学校・高等学校 明治大学附属中野高等学校卒業。演歌界のみならず、邦楽をも代表する大御所である。
1964年、コロムビアミュージックエンタテインメント コロムビア全国歌謡コンクールで優勝、上原げんとにスカウトされて1965年、「松山まさる」の芸名で『新宿駅から』でデビュー。しかし、全くヒットせず、以後7年間不遇の時代を過ごす。この間、芸名も「一条英一」、「三谷謙」と2度変更している。
1970年、歌手再起をかけて『全日本歌謡選手権』に出場し、10週勝ち抜き。審査員であった平尾昌晃、山口洋子に師事した。出場時、「これでだめなら、福井に帰って農業をやる」と覚悟の程を語っている。

WIKIPEDIAより抜粋)


111