大泉逸郎


大泉逸郎

大泉 逸郎(おおいずみ いつろう、1942年4月17日 - )は山形県西村山郡河北町_(山形県) 河北町出身の演歌歌手・農民である。1999年、「孫」でメジャーデビュー。
アマチュア民謡歌手として、いくつもの賞を取っていたが、1999年に発表された、大泉本人の孫を歌った「孫」が200万枚を超える大ヒットとなり、全国的に名を知られるようになった。「孫」は作詞が大泉の友人であり、作曲が大泉本人という、メジャー演歌の世界からすれば無名の素人の作品であり、有名作詞家・作曲家が曲を作るのが当たり前だったメジャー演歌の世界に衝撃が走った。また「孫」のヒットで、「孫」を買った人がついでにと他の演歌曲も一緒に買っていく現象が起き、一時期低迷していた演歌市場が盛り上がった。「孫」のヒット後も「孫びいき」「親ごころ」とスマッシュヒットを連発。コンスタントな活躍で演歌界に定着している。

WIKIPEDIAより抜粋)


16