冠二郎


冠二郎

冠 二郎(かんむり じろう、本名・堀口義弘、1949年4月23日-)は演歌歌手である。埼玉県秩父市出身。埼玉県立秩父高等学校卒業
「炎」の大ヒットにより「ネオ演歌」「J-Enka」「アクション演歌」の旗手と目された。
作詞家の三浦康照に弟子入り後1967年「命ひとつ」でデビュー。しかしデビュー後10年間はヒットに恵まれず、1977年にようやく「旅の終りに」が小ヒットしたものの、これという代表曲もなく、「地味な歌手」というイメージを持たれ、苦節の時期を過ごした。
それが一変するのは「炎」。作詞は三浦康照、作曲はもう一人の師匠・作曲家和田香苗。この曲をリリースし、彼は程なくして脚光を浴びるようになる。

WIKIPEDIAより抜粋)


30