千昌夫


千昌夫

千 昌夫(せん まさお 本名:阿部健太郎、1947年4月8日 - )は演歌歌手。岩手県陸前高田市出身。水沢第一高等学校中退。
1965年、作曲家遠藤実に入門。同年9月、『君が好き』でデビュー。
ヒット曲に『星影のワルツ』『北国の春』などがある。
1972年、アメリカ人歌手ジョン・シェパード (タレント) ジョーン・シェパードと結婚し、松下電器の「パナカラー・クイントリックス」やいすゞ自動車のいすゞ・アスカ アスカ、象印マホービンのコマーシャル CMに夫婦で出演したが、1988年に離婚した。
バブル経済 バブル期には「歌う不動産王」、「ホテル王」と呼ばれるほど、世界各地にマンションやビルなどを所有していた。一時はホノルルの殆どのホテルが千昌夫の持ち物と呼ばれるほどで、物真似でもよく「おら金もってんどー」というネタが使われたが、バブル崩壊とともに借金が膨れ上がり、個人事務所「アベインターナショナル」は経営破綻した。現在、1,000億円を超える借金を抱えていると言われる(ただし、自己破産は行っていない)。その借金の殆どは旧新生銀行 長銀から借り入れた金であり、一時国有化による公的資金投入で一時期3,000億円を超える借金は、1,000億円にまで棒引きされた。

WIKIPEDIAより抜粋)


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

25