鳥羽一郎


鳥羽一郎

鳥羽一郎(とばいちろう、1952年4月25日- 、本名 木村嘉平(きむら よしひら))は、三重県鳥羽市石鏡町出身の演歌歌手である。鳥羽音楽事務所所属。血液型はB型。身長170cm。
父は漁師、母は海女という漁業一家に生まれた。
5年間、遠洋漁船の船員としてパナマやインド洋までマグロやカツオの捕獲に従事。
:海がしければ命さえ落としかねない厳しい環境での心の慰めは『別れの一本杉』『なみだ船』といった船村徹の作品だった。
一度は板前を志すものの(調理師免許取得)、実弟・山川豊の東京での活躍もあり歌手への想いを断ち切れず27歳にして上京。かねてから憧れの存在であった船村に弟子入りし3年間の修行生活を経て1982年、出身地から由来された芸名を冠し、満を持して『兄弟船』で歌手デビュー。

WIKIPEDIAより抜粋)


40