増位山太志郎


増位山太志郎

増位山 太志郎(ますいやま だいしろう 1948年9月16日 - )は、大相撲の力士。本名は澤田昇。最高位は大関。現三保ヶ関親方。歌手としてレコードもリリースした。得意技は内掛け。
1948年(昭和23年)9月16日、増位山大志郎の長男として東京の三保ヶ関部屋で生まれる。生まれも育ちも東京都だが、番付には父と同じ兵庫県出身と書かれていた。「増位山 (兵庫県) 増位山」は、先代の出身地である兵庫県姫路市にある山の名。
小学生の頃から相撲が好きで、中学2年のときに父に入門を志願したが断わられた。どうしても入門したいためここで許されないなら他の部屋に入ると切り出したため父も折れて入門を許し1967年(昭和42年)1月初土俵。1969年(昭和44年)7月新十両、1970年(昭和45年)3月に入幕したが負傷で何度か往復した。その後上位に進んでは大負けして落ちる繰り返しだったが徐々に三役に定着して1979年(昭和54年)11月関脇で11勝4敗、次場所12勝3敗で大関に昇進、本人いわく「最初で最後」のチャンスを見事ものにして史上初の親子大関が実現した。その後は大きな活躍もなく大関在位7場所で引退。

WIKIPEDIAより抜粋)


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

23