三橋美智也


三橋美智也

三橋 美智也(みはし みちや、1930年11月10日 - 1996年1月8日)は日本の歌手。本名は、北沢 美智也。北海道函館市近郊の上磯町(現・北斗市)出身。民謡をベースにした伸びのある声で、春日八郎・村田英雄らとともに、長年歌謡界をリードしてきた。また、キングレコードの全盛期を春日八郎、若原一郎と共に築き上げ、「キング三羽カラス」「三人男」とも呼ばれた。さらに、長年の民謡の業を元に、民謡三橋流を創設。門下に細川たかしらがいる。
11歳で全道民謡大会で優勝するなど、もともと民謡歌手として活動していたが、1955年「おんな船頭唄」で演歌デビューしたちまち人気歌手の仲間入りした。1970年代後半は、今までの演歌歌手のスタイルを一新。ラフなスタイルで、若者向けのラジオ番組のDJを務め、「ミッチー」の愛称で若者にも人気を得て、周囲の度肝を抜いた。その伸びやかで高音の歌声は、今なお人気が衰えない。1983年には日本の歌手として史上初めてレコードのプレス枚数が1億枚を突破する記録を打ち立てた。

WIKIPEDIAより抜粋)


23