村田英雄


村田英雄

村田 英雄(むらた ひでお、1929年1月17日 - 2002年6月13日)は、歌手、俳優。 佐賀県相知町(現唐津市)出身。本名、梶山 勇。
元は九州の大物酒井雲門下の浪曲師。このため同じ浪曲出身の三波春夫とは良きライバルであり歌番組の序列で揉めるのは恒例であった。彼のドスのきいた渋い低音は、男らしさの象徴であった。長年三橋美智也、春日八郎らと演歌をリードしてきた。60年代後半は東映任侠映画の主演スターとしても活躍した。1996年、糖尿病悪化のため右足切断、2000年、左太もも切断・再婚。2002年6月13日、肺炎のため死去。享年73。
歌手として大御所だった”80年代、ビートたけしが村田のとんちんかんな言動をネタにして笑いをとり、村田の全盛時を知らない若年層にも人気が出た。「村田さんに乗っている車の名を聞いたら『デラックスだ!』と答えた」、あるいは「海外旅行の際、必要書類の“sex”(性別)の欄に“週3回”と書いた」といった内容。村田はビートたけしと共演した際にも怒ったりせず、ただ豪快に笑っているだけだった。村田はビートたけしが出演していたラジオ深夜放送「オールナイトニッポン」に出演し、村田を題材にしたコント劇(?)で本人役を演じたことがある。またビートたけしとテレビCMで共演したこともある。ビートたけしが村田の挨拶「オレが村田だぁ」を一般にも広め、ちょっとした流行語にもなり、89年には[ああ万次郎]のB面として[俺が村田だ]という曲が発売された。有名であった三波春夫との不仲説は、世論が作り出した偏見である。村田は、三波を良きライバルとして先輩歌手として慕っていた。91年以降は、糖尿病悪化に伴い、活動を停止した時期もあったが、晩年は頭を丸め、車椅子になりながらも、作務衣姿で舞台に立ち続けた。

WIKIPEDIAより抜粋)


17