山本譲二


山本譲二

山本 譲二(やまもと じょうじ、本名同じ、1950年(昭和25年)2月1日-)は、山口県下関市出身の演歌歌手である。所属プロダクションは北島音楽事務所、現在の所属レコード会社はテイチクエンタテインメントである。
早鞆高校時代昭和42年夏、甲子園出場。松商学園(長野)に敗れるも代打出場ながらヒットを打つ。
演歌歌手になりたくて上京。多くの職を転々とする。クラブのボーイ時代、お客の飲み残しのビールを飲み干す。中にはタバコの吸い殻がたくさん入っていた。肝臓を壊しやむなく帰郷、ひっそりと療養生活を送る。母親の叱咤で強い決意を持ち22歳で再び上京。再び職を変えながらスナックでギターを手に2年間弾き語りを続ける。たまたま店に来た浜圭介に誘われ芸能界入りした。当初は映画「ダーティハリー」にかけて、「伊達春樹」という芸名でデビューしたが、パッとせず、崖っぷちに立たされた。最後の決意で北島三郎の仕事場に何度も足を運び頭を下げ、十数回繰り返したときに北島からカバンを渡された。即ち「カバン持ちになれ」という意味であり、以降2年間北島の付き人を務める。25歳だった。本名でもある「山本譲二」名義でポニーキャニオン キャニオンレコードから再デビュー。またも鳴かず飛ばずが続き『みちのくひとり旅』のリリースは30歳の時。しかしこの曲も売れず大ヒットには更に10ヶ月を要した。年を越し1年近くが経過。「夜のヒットスタジオ」に注目曲として出演すると大きな反響を呼び大ヒット、31歳の時だった。こうした経緯から北島を親父と慕い、現在は北島ファミリーの旗頭的存在である。代表的な歌曲に『みちのくひとり旅』、『旅の終りはお前』、『海鳴り』、『奥州路』など。

WIKIPEDIAより抜粋)


34