小林幸子


小林幸子

小林 幸子(こばやし さちこ、1953年12月5日 - )は、新潟県新潟市出身の歌手・女優。独身。レコード会社のコロムビアミュージックエンタテインメントに所属。
9歳時テレビの公開番組で歌まねチャンピオンとなり、これが縁で古賀政男に見出され、1964年『うそつき鴎』でデビュー。デビュー当時こそ「ひばり二世」と持て囃されたが、ヒット曲が出ず不遇時代が15年も続く。1979年の『おもいで酒』がついにミリオン・セラー(200万枚)に輝く大ヒット、この年の暮れNHK紅白歌合戦に初出場。さらに続く1980年『とまり木』がヒットした。その後『ふたりはひとり』・美樹克彦とのデュエット曲『もしかしてPartII』などのヒット作に恵まれ、紅白歌合戦への連続出場も果たし、1992年以降、紅白での美川憲一との派手な衣装対決は紅白恒例の話題作りとなっている。

WIKIPEDIAより抜粋)


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

25