演歌の若大将~Club光進丸/加山雄三 [CD] [MUCD-1412]

演歌の若大将~Club光進丸/加山雄三 [CD] [MUCD-1412]

販売価格: 2,778円(税別)

(税込価格: 3,056円)

数量:

商品詳細

加山雄三、光進丸とのラストショット! 「演歌の若大将~Club光進丸」6/27発売 ジャケット写真は光進丸!!
2018年4月11日、加山雄三が81歳を迎えた。昨年は生誕80年を記念して3月8日に「加山雄三の新世界」(リミックスアルバム)、4月12日に「リスペクト加山雄三」(トリビュートアルバム)、12月6日に「加山雄三のすべて 幸せだなぁ。ベスト&レア音源集」の3部作アルバムを発売し、話題に。
そして2018年、加山雄三が「演歌」のアルバムを発売が決定した。加山雄三は時間ができると光進丸に家族や友人、スタッフを呼んで料理を振舞い、みんなでカラオケをするのが唯一の楽しんでいたという。その光進丸では大音量にしても隣近所に迷惑をかけることがなく、加山雄三はカラオケで歌う曲は「演歌」のみと言うほど演歌フリーク。35年ほど前には船員と一緒になって2曲の演歌を船で作った。その曲が「嘘よ」と「残り酒」。この2曲をアレンジして加山演歌の柱に、カバー曲や過去に岩谷時子さんと書いた曲など、10曲~11曲のアルバム発売が決定した。

アルバムタイトルは「演歌の若大将~Club光進丸」。

ジャケットの撮影は2018年3月22日に光進丸で行われましたが、この日は船が炎上した10日前。同撮影日は、加山雄三が37年共にした光進丸で暮らした最後の日となったという。当然、このアルバムタイトルで本当にいいのかスタッフ間でも協議を重ねた結果、加山雄三本人の希望でタイトルとジャケット写真は変更せず、6月27日に発売することを決定しました。光進丸で生まれた演歌「嘘よ」と「残り酒」も加山雄三初の演歌シングルとして6月6日に発売が決定。

先行シングル「嘘よ/残り酒」はこちら

収録曲
1.嘘よ
2.残り酒
3.別れたあの人
4.しのび逢い
5.旅の手紙
6.りんどう小唄
7.そして神戸
8.奥飛騨慕情
9.宗右衛門町ブルース
10.雪國
11.また会いたいあの人

2018年6月27日発売

必ず最後までご覧下さい

レビュー

0件のレビュー