ムード歌謡

第二次世界大戦後日本で独自に発達したポピュラー音楽のスタイルのひとつ。広義では歌謡曲に含まれる。コーラスを主体としたものを特に、ムードコーラスと呼ぶことがある。

歌謡曲にハワイアン、ジャズ、ラテンなどの要素をふんだんに取り入れムードたっぷりに消化した音楽性は独特の世界観を持ち、歌詞は主にナイトクラブや酒場などの都市部の繁華街や、港、空港を舞台とした大人の男女の恋愛を描くことが多い。男性ボーカリストが、女性の視点から女言葉で歌う曲が多いのも特徴である。また「銀座」、「赤坂」、「横浜」、「御堂筋」、「神戸」などの盛り場の地名のほか、「札幌」、「柳ヶ瀬」、「長崎」など地方都市の地名が入った、いわゆる「ご当地ソング」もしばしば見受けられる。
『ウィキペディア(Wikipedia)より引用』
28