森進一


森進一

森 進一(もり しんいち、、1947年11月18日 - )は、演歌歌手。演歌のみならず日本の芸能界を代表する大御所の一人に数えられる。本名は森内 一寛(もりうち かずひろ)。元妻は大原麗子と森昌子。
セミヌード写真集を出したことがある。
山梨県甲府市生まれ。鹿児島など各地を転々し、中学は下関市立長府中学校卒業。(鹿児島市立長田中学校卒業という噂もある)集団就職で中学卒業と同時に東京へ出、幼い頃からの歌手への夢の実現を目ざして、数十箇所のアルバイトを経験。
1965年、フジテレビ系の歌謡番組に出場して優勝、チャーリー石黒氏にその才能を認められ、渡辺プロダクション(ナベプロ)に入社、スクールメイツを経て、翌1966年、その後、彼の数多くの代表曲を手がける恩師・猪俣公章氏作曲、川内康範氏作詞による「女のためいき」でデビューする。

WIKIPEDIAより抜粋)


16